花粉症がつらい季節。食事で対策してみよう!


春と共に花粉がピークを迎えていますね。花粉症でお悩みの方は様々な対策をされていると思いますが、食べ物で対策や予防はされていますか?今回は花粉症の症状を和らげてくれる食べ物をご紹介します!

 
◆1.発酵食品

花粉症というのは、花粉に対する体の「免疫機能」が過剰に反応するために現れる症状であり、花粉そのものには害はないのです。ヨーグルトや納豆、キムチや味噌など積極的に発酵食品を取り入れて免疫力をつけましょう!日本人になじみ深いものばかりなので、毎日の食事にも取り入れやすいですよね♪
 
◆2.青魚

青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には免疫機能の働きを正常化し、アレルギー症状を抑える働きや、鼻詰まりを抑制する働きもあるそうです!一番効率のよい摂取方法は、青魚を刺身や寿司のように加熱せずに生で食べる方法ですが、生ものが苦手という方は焼き魚にして食べてみるといいでしょう♪
 
◆3.植物性ポリフェノール

烏龍茶や大豆、大葉や生姜などに含まれている植物性ポリフェノールは摂り続けることで、体の中で花粉症の症状に繋がるヒスタミンなどの炎症物質の発生を抑えて、花粉症の症状を和らげてくれる働きがあります!ただし、即効性はないので毎日コツコツ摂り続けることがポイントです!
 
◆まとめ
いかがでしたか?食べ物で花粉症の症状が少しでも緩和されたら嬉しいですよね♪できるだけ毎日の食事に取り入れて、花粉症に負けない身体づくりをしていきましょう!

Top