梅雨の時期は要注意!梅雨のカビ対策♪


梅雨の時期がやってきました。梅雨といえば特に注意なのがカビ!カビは感染症やアレルギーなどを引き起こす原因になります。カビが発生してから対処するのは結構大変!発生する前に対策をしカビの予防しましょう!今回はカビの予防法を場所別にご紹介します!

 
◆1.浴室のカビ対策

浴槽は密室度が高いうえに高温多湿になる時間帯が必ずあるため、家の中で最もカビが発生しやすい所です。お風呂のカビ菌は45度以上のお湯をかけるとほとんどが死滅します。石けん水はカビの栄養源ですから、入浴の最後に壁やドア等にシャワーを掛けて入浴中に飛び散った石けん水などを洗い流しておきましょう!菌が死滅しても、お風呂を濡れたままにしておくとまた新なカビが発生してしまいますので乾燥するまでは換気扇を掛けっぱなしにすることをおすすめします!

 
◆2.押入れやクローゼットのカビ予防

押入れやクローゼットも、湿気がたまりやすくカビの生えやすい場所です。押入やクローゼットは締め切らないように少し開けておくほうがいいでしょう!また空気より重い水は下から溜まるので、除湿剤をセットするなら下に置くのがおすすめですよ♪重曹やハーブなどを使って除湿剤や防虫剤を手作りしたり、クローゼットの下に新聞紙を敷いておいたり工夫してみるのもいいでしょう!
 
◆3.キッチンのカビ対策

キッチンには水気が多くありますので、カビが発生しやすくなります。特にシンクまわりはカビの宝庫とも言えるでしょう!週に一度は、三角コーナーやまな板などにスプレー式の漂白剤を吹きかけることでカビの繁殖を抑えることができます!また換気扇は調理中に限らず、日中はこまめに回し、室外への空気の流れを作ってあげるといいでしょう♪

 
◆まとめ
いかがでしたか?しっかり予防してカビの対処・発生の防止を心がけましょう!

Top