失敗した時の気持ちとの向き合い方


皆さんは失敗を恐れずチャレンジできる人ですか?
失敗を恐れて臆病になったり、失敗した時のブルーな気分を引きずったことはありませんか?
今回は失敗した時の気持ちの向き合い方をご紹介していきます!
 

◆1.「自分を責めない」

「あの時違う方を選択しておけばよかった」「なんであんな事してしまったんだろう…」など後悔していつまでも自分を責めるのはやめましょう。失敗は誰もが経験をすることであり、悪いことではありません。大事なのはその失敗をどう次に活かすのかではないでしょうか?自分を責め続けることによって成長するチャンスを逃さないでください!

 
◆2.「なぜ失敗したのか分析する」

失敗した自分を責めるのではなく、なぜ失敗したのか追及してみましょう!きちんと向き合って考えることで同じ失敗をくりかえすことはなくなります。きっとあなたが大きく成長するための方法が隠されているはずです♪

 
◆3.「誰かに話してみる」

一人では受け止められないのなら、誰かに話してみてはいかがでしょうか?話を聞いてもらうことで、客観的な意見を得たり、気持ちがすっきりできるでしょう!誰かに話すためには、自分の考えがある程度まとまってなくてはいけませんので、その過程で頭の整理にもなります。

 
◆まとめ
いかがでしょうか?
失敗は「この方法はあなたには合っていません!」と教えてくれる貴重な経験なんです。失敗をポジティブに捉えどんどん新しいことにチャレンジしていきましょう♪
 

Top