なってからでは遅い!熱中症対策をしっかりしよう!


7月になりこれからの時期特に気を付けたいのが「熱中症」です!熱中症になるとめまいや手足のしびれ、頭痛などの症状が見られます。ひどい場合は意識を失ってしまったり、最悪の場合は死に至ることも…。これからどんどん熱くなり熱中症が起こりやすくなります。そこで今回は熱中症対策についてご紹介します!

 
◆1.水分補給をしっかり

熱中症対策としてよく言われているのが水分補給です。しかしただ水を飲めばいいというわけではありません!汗で塩分が外に出て行ってしまってるのに加え、水を大量摂取してしまうと体の中の塩分濃度が薄くなってしまうので、スポーツドリンクや麦茶がおすすめです。ただしスポーツドリンクの飲み過ぎは糖分の過剰摂取となってしまうので取り過ぎには注意しましょう!

 
◆2.室内にも対策を

熱中症を発症するのは、暑い屋外にいる時だけではありません!室内で熱中症を発症する人も意外と多いんです。ムシムシとした部屋や、窓から日光が差し込む部屋、閉め切ったバスルームも熱中症になりやすいスポットです。エアコンや扇風機をかけたり、遮光カーテンを閉めたり、バスルームは、こまめに換気をして対策をしましょう!

 
◆3.しっかり体調を整える

熱中症にかかる人は、体調が悪かったり、体温の調整ができない事が多いんです。大切なのは体調を整えておくこと!熱くて眠れない夜もあるかもしれませんが睡眠不足は絶対にNGです。夏はついつい麺類ばかりの食事になりがちですが、バランスの悪い食事もやめましょう。また普段から適度な運動を習慣づけて汗をかくことに慣れておきましょう!もちろん、運動したあとはしっかり水分補給を忘れずに!

 
◆まとめ
いかがでしたか?熱中症にならないためにしっかりと対策をして楽しい夏をお過ごしください♪

Top